葬儀に必要となるマナー

葬儀、葬式は故人を弔い、送り出す大切な儀式です。

宗教により作法、儀式の内容はことなりますが世界中のどこでも行われています。


葬儀に参加するにはマナーがあります。

そのマナーを身につけるのは社会人にとっては必須になります。

そのマナーは服装、作法、持ち物です。
葬儀に参加、参列する時の服装は基本的に黒の喪服になります。


男性ですと黒のスーツ、白のシャツに黒のネクタイです。靴、靴下も黒が基本です。

女性も同様で、着物でしたら黒ですし洋服も黒色の喪服です。

葬儀のことならこちらのサイトにお任せください。

ストッキングも黒、またはベージュです。


華美となる化粧、アクセサリーは厳禁です。しかし、お通夜などの突然の連絡に対応できないケースもありますので、お通夜に限り喪服ではなく、ダークな色の洋服でしたら問題ありません。

葬儀に必要なマナーとしては、告別式、お通夜も同様ですが、受付するときから始まります。

記帳し香典を出したら、静かに参列席に着席して焼香を待ちます。

待っている間は静かにしてまちます。知人友人がいても大きな声でしゃべることは厳禁です。

しゃべるのであれば、会場の外で話すのが良いでしょう。

焼香は宗教により少しずつスタイルが異なります。

Yahoo!知恵袋情報は見逃せません。

事前に説明があったりしますのでしっかり覚えておきます。持ち物は、香典、数珠です。


香典は共同で出したりもしますが、数珠は1人1人所持することが必要です。



会社関係の付き合いもありますので常に用意しておくのがいいかも知れません。

詳しく知りたいなら

葬儀の費用は大まかに分けると葬式施工費用、火葬料、斎場式場使用料、飲食接待費用、お布施に分類することができます。このうちお布施以外が通常、業者の見積書に記載される項目になります。...

more

人に言いたい葬儀

亡くなった人を弔うための儀式である葬儀というものは、亡くなった人が信仰していた、あるいは亡くなった人の家系で代々受け継がれてきた宗教によって、かなりその内容が異なっているものです。我が国では一般的には仏教式ということになりますが、なかにはキリスト教や神道の形式での葬儀というものもあるはずです。...

more

葬儀の実態

葬儀を考えるにあたっては、同じ仏教であったとしても、宗派によって、その内容が異なることがありますので、特に喪主となった場合には気をつけておく必要があるといえます。葬儀にはその宗派の、あの世に対する考え方が凝縮されているようなところがあるためです。...

more

ためになる情報

一日葬という葬儀形式があることをご存知でしょうか。これは比較的新しい形式で、通夜を省いて告別式と火葬のみ行うというものです。...

more