宗教と葬儀の違いについて

亡くなった人を弔うための儀式である葬儀というものは、亡くなった人が信仰していた、あるいは亡くなった人の家系で代々受け継がれてきた宗教によって、かなりその内容が異なっているものです。



我が国では一般的には仏教式ということになりますが、なかにはキリスト教や神道の形式での葬儀というものもあるはずです。

2ちゃんねるを情報を幅広くご活用下さい。

そうした葬儀の場に呼ばれた場合には、ある程度は作法についても、事前に調べておくなどすることがたいせつとなってきます。



たとえば、仏教式であれば、僧侶が読経をしている最中に、焼香を行うのが通例となっていますが、これはやはり仏教式であるからにほかならず、他の宗教では似たようなものであっても、意味合いが異なることがあります。

キリスト教では、最近では通夜祭と呼ばれるものを行うことが多くなっていますが、このなかでは聖水を撒布したり、あるいは献花をもって、仏教式の焼香にあたるような行為ととらえることが可能です。

また、神道式の場合であれば、清めの塩を焼香のように使うことが多くなっており、これも宗教に独特のものであるといえるでしょう。

両者とも一般的にはあまりなじみはないと見られますが、特に神道式に関しては、江戸時代、当時盛んだった国学の影響を受けて、藩の政策によって仏教式が改められて神道式になっていた地域や、明治時代の廃仏毀釈のときに神道式が広く取り入れられた地域などでは、地域全体として神道式となっていることがありますので、作法を知ることはたいせつといえます。