業者によって葬儀費用の設定が違います

葬儀の費用は大まかに分けると葬式施工費用、火葬料、斎場式場使用料、飲食接待費用、お布施に分類することができます。このうちお布施以外が通常、業者の見積書に記載される項目になります。



葬儀社によって差が出てくるのは葬式施工費用です。


これは祭壇や棺、人件費など業者に支払う費用に相当します。


そのほかは人数によって多少の違いはあっても、同じ条件であれば業者による違いで大きく変わることはありません。見積もりを取る場合にはまず参列者の人数を業者に伝えます。

そこから業者が予想される飲食接待費用を算出して火葬料、斎場式場使用料を足して、計算をしてくれます。


見落としやすくなっているのが、外装や内装の費用になります。


場所によっては幕やテントが必要になり予想外の出費になることもあります。

葬式施工費用は最後に予算を考えながら祭壇や棺や演出を考えていきます。


150万円前後で検討する人が多くなっています。


葬儀の費用は業者によって値段のつけ方が違います。
葬儀一式何万と表示するセット型と、個別の金額を表示する組合せ型があります。

一流のOKWaveの初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

セット型というのはレストランでいうとコース料理のことです。

単品表示はされていませんが、一つ一つの項目を考える必要がなく合理的なシステムになっています。
ただ不要なものがついていたり希望する内容が含まれていない場合もあり、そして追加料金が発生してしまうケースも多くなっています。
一方組合せ型は、アラカルト料理のようなもので人件費や備品など費用が明瞭化されていますが、項目が多すぎること日用品と違って個別の費用感がつかみにくいことから、余計に混乱してしまう場合もあります。