宗派による葬儀の違いについて

葬儀を考えるにあたっては、同じ仏教であったとしても、宗派によって、その内容が異なることがありますので、特に喪主となった場合には気をつけておく必要があるといえます。


葬儀にはその宗派の、あの世に対する考え方が凝縮されているようなところがあるためです。

たとえば、一般的な仏教式の葬儀では、亡くなった人に白装束を着せて、杖をもたせ、わらじを履かせるといったことがあります。
これは、亡くなった人があの世にいる仏様のもとへと旅立つようすを、ある意味ではビジュアルに再現したものということができるでしょう。



ところが、浄土真宗の場合では、亡くなったらその人はすぐにでも仏様の世界の仲間入りをするという考え方ですので、あえて旅をするという観念はなく、したがって杖などをもたせるということはないのがふつうです。

Girls Channel選びをお手伝いします。

また、仏教式ではなく、神道式で葬儀を行うという地域も、珍しいとはいえ、全国的には一部で存在しているものです。



この場合は僧侶のかわりに神職が招かれることになりますが、当然ながら焼香などはなく、清め塩でそれに近い動作をすることがあり、霊前にある祭壇なども、かなり仏教式とは異なっているということができます。


このように、宗派によっての違いは大きなものがあり、間違いをあとで指摘されてからでは遅いということもあります。


もしも先祖代々の菩提寺などが定まっているのであれば、そちらと相談をするというのがもっとも望ましいといえるでしょう。