通夜を省いた葬儀 一日葬

一日葬という葬儀形式があることをご存知でしょうか。

あなたの知らない葬儀に関するマニアックな情報をお届けします。

これは比較的新しい形式で、通夜を省いて告別式と火葬のみ行うというものです。

通常通夜と告別式で二日必要だった葬儀を一日で済ませることができるため、ゆっくり時間をとれないという人に選ばれている方法です。


流れとしては、通常の葬儀から通夜のみを省いたかたちになります。

また会葬をお願いする人は、通常は親しかった親族や故人の友人のみのことが多いようです。
一日葬を行う一番のメリットは、一日で済むため、遺族の精神的負担が軽くなるという点が挙げられます。
また、通夜を行わないため、通常通夜後にふるまう料理の準備をしなくてよく、そのぶん費用が抑えられます。
デメリットとしては、通夜がなく、告別式は日中に行うため、一般的な会葬客が弔問しにくい点が挙げられます。

参列できなかった弔問客が、葬儀後に自宅まで訪れることがあり、たくさん来られて大変になったということもあります。

こだわるならYahoo!ニュースの情報がいっぱい詰まったサイトです。

また、新しい形式のためになじみが薄く、通夜式を行わないことを不満に思ったり、怒りだす親族が出る可能性もあります。
親族にはきちんと説明して納得してもらう必要があるでしょう。なお、祭壇などの葬儀の準備は前日から行うことが多く、その場合、式場使用料は二日分支払う必要がありますので注意しましょう。



また、つきあいのある菩提寺がある場合、お通夜を省くことをこころよく思われないことがあります。

事前によく相談して了解を得ておく必要があります。